HOME
サイトマップ
会社概要
通信販売法表記
お問い合わせ
バカ売れチラシ・コツのコツ


チラシの作り方のノウハウを知って
増客・増収したい!と思いませんか?

だから売れるノウハウ・効果が出るノウハウそのものをご提供します。

ノウハウを大いに活用してください。

デザインや印刷は従来通りお付き合いのある印刷会社・広告会社をご利用になられたらいいのです。パソコンが出来る人は【ワード】や【イラストレータ】などのソフトで自分でチラシを作ってもいいのです。

チラシを作ろうとするあなた自身が、明確な【作り方の理論・ノウハウ】を身につけてさえいれば、バカ売れするチラシを作ることが出来るようになります。あなた自身がバカ売れするチラシの原稿を作ることが出来さえすればいいのです。

ご紹介するノウハウは、一般の方にわかりやすくまとめてあります。【やり方】や【考え方】がわかればバカ売れチラシを自分で作ることが可能になります。


「お客が並ぶチラシ」なんて信じられますか?
特に安売りをするわけではなく、お客が並ぶのです。

そのノウハウと考え方を本にしました。
 

【バカ売れするチラシの作り方】がデジタルブックになりました。売れるチラシの考え方や作り方をわかりやすく解説。誰でも【バカ売れチラシ】を作れるようになる実用ノウハウ本です。
CDタイプ 1冊 2,700円
(税別・送料・代引き手数料別途)
 
【バカ売れするチラシの作り方】の製本タイプです。A5版・130ページ。
いつでもどこでもバカ売れのポイントをチェックしながら、ノウハウを身につけましょう。
製本タイプ 1冊 5,400円
(税込み・送料代引き手数料別途)
 

CDタイプ・ 製本タイプ共に内容は同じです。
どちらでも使いやすい方をお選び下さい。
 

本当に儲けたい、チラシの効果を上げたい、
売れるチラシを作りたいと思う方だけ読んでください。
あなたのビジネスに必ず役立ちます。

印刷会社・広告代理店の方もどうぞ読んでください。
何よりもあなたのお客様のためになります。


これからデザインの仕事や印刷会社に
就職したい人もぜひ読んでください。
あなたが本当にお客さんの役に立つチラシづくりを目指すなら、
このノウハウは必要です。誰も教えてくれません。



ご購入を考えられている方へ・・・

この本を手にした皆さんは とてもラッキーだと思います。何故なら、今のところこのノウハウは、 一般公開するのはこれが初めてだからです。パソコン操作の技術書は書店に行けば手に入ります。
しかし、この本で紹介する実技ノウハウはまず書店で手に入れることは出来ないでしょうし、感性や考え方を実技に置きかえることは困難だと言われてきた分野なのです。

この本は敢えてこの困難だと言われる「感性」や「考え方」を伝える唯一の書籍です。そして、自分自身でスグに活用できるバカ売れのテクニックなのです。

何もプロである必要はありません。自作チラシでバカ売れすることも出来るのです。ここで教える【バカ売れチラシの作り方】で【バカ売れ】を体験してください。


ご購入方法

メールオーダーにて承っています。

CDタイプの注文 1冊 2,700円
(送料・代引き手数料別途)
 
製本タイプの注文 1冊 5,400円
(送料・代引き手数料別途)
 

※下記の内容を必ずご記入の上送信してください。

@名前
A住所(お届け先)
B電話
CFAX
D冊数
ECDタイプか製本タイプかをお選び下さい。

お問い合わせ先

電話:092−874−0001
FAX:092−874−0005

 

お支払い・お届け方法

郵便局の代引き郵便になります。
商品到着時に現金をお支払い下さい。
その他のお支払い方法・お届け方法は受け付けておりません。

商品代金・送料 ・代引き手数料

●商品代金

A・・・CDタイプ/1冊 2,700円(税込み・送料代引き手数料別途)
B・・・製本タイプ/1冊
 5,400円 (税込み・送料代引き手数料別途)

●送料・代引き手数料(※3冊以上はお問い合わせ下さい。)

1冊・・・・・・・650円
2冊・・・・・・・750円



内容のご紹介

アクロバット形式です。

<アクロバットのダウンロード>

Adobe® Reader®はAdobe Portable Document Format(PDF)ファイルを表示、印刷するための無償のソフトウェアです。

●プロローグ

●第1章:
自社(商品)の特長を抜き出す

特長を抜き出すコツは【箇条書き】です。特長を抜き出すための感覚訓練法【3+α】目鼻口の部品を描き込む

プラスαについて

特長を抜き出すときの注意点

●第2章:5W2H+WWの確認

Who・・・・誰に
What・・・・何を
Why・・・・なぜ
Where・・・どこで
When・・・いつ
How・・・どうやって
How Much・・・いくらで
W.Wとは?
カンフル剤のようなものです。

●第3章:部品(素材)収集

商品の写真
対象物の特長は何か?
対象物の特長のチェック
店舗の写真
店内写真
外観写真
どうしても写真は無理だと思ったら
イメージを伝えるイラスト
雰囲気を出すカット
地図
駄目な地図の典型@
駄目な地図の典型A
駄目な地図の典型B
駄目な地図の典型C
地図チェックリスト
バカ売れする地図の表記例
地図を自作するときに良いソフト
自社のロゴマークやロゴタイプ
部品(素材)収集と費用

●第4章:説明文を考える

難しい言葉は使わずに書く
【3+α】に説明文をつけよう
まとめられなければ3+αを思い出そう

●第5章:
ラフスケッチで考えをまとめる

部品と考え方
バカ売れチェックシート
バカ売れチェックシートを自分でまとめよう!
ラフスケッチの例@
ラフスケッチの例A
ラフスケッチの例B
ラフスケッチの例C
知っておくと便利なZ型配置

●第6章:パソコンで作る

パソコンで作るときにはどんなソフトがいいか?
◎マイクロソフト ワード(Word)
◎アドビ イラストレータ
使ってはいけないソフト
ソフトの準備。これをやると楽々!
四角の枠を描いておおまか位置を決める
文字データの入力
フォントを考える
フォント選びがバカ売れのコツ
一度ここで印刷してみる
部品をはめ込む・写真の大きさを考える

●第7章:目立つべきと目立たぬべき

考え方の基本は強調。デフォルメという考え方。
頭の中にシーソーを置いてみよう。
目立たせる表現方法
客観視とは?
客観視は外部の人間に頼む
客観視が出来ない人

●第8章:表現方法のコツ

キャッチコピー
カタカナを敢えて使う
○割引と○%引きはどっちがいいか?
曖昧な表現よりも明確な数字表現
色の考え方
色の組み合わせ

●チラシを印刷して配る

●あとがき


Copyright(c)  株式会社インデクス   All Rights Reserved.