HOME
サイトマップ
会社概要
通信販売法表記
お問い合わせ
HOMEバカ売れチラシの作り方【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】

実践的なバカ売れチラシの作り方のノウハウを公開します。このノウハウを活用できればあなたの作るチラシはきっとバカ売れしはじめるでしょう。ただし、覚えておいてください。この商売、どんなにノウハウを学んでも最後は感性がものをいう世界です。プロの領域です。自分に感性がないと思う方は無理せずにプロに依頼することをお薦めします。

まずは、デザイン的な要素や企画よりもチラシを作るときの「考え方」を理解します。
チラシを作るというと、皆さんデザインにばかり気がいってしまいがちなのはごもっとも。
でも、どんなにカッコイイデザインであっても、伝えるべきポイントがはっきりしていないと
チラシは全く効果を得ることは出来ません。
ここにご紹介する「明日のために」はチラシを作る上で最も大切なポイントです。
このポイントをしっかり押さえて作るチラシと、そうではないチラシの効果は雲泥の差がでます。
チラシの作り方を学びたいのであれば、まずはこのポイントは頭のなかに入れておきましょう。

明日のためにその1・・・5W2Hをかためるべし。

明日のためにその2・・・5W2Hの先のもうひとつのWを明確にせよ!
明日のためにその3・・・主観的なチラシは過去の遺物
明日のためにその4・・・客観的なチラシが繁盛店をつくる。TOPSと起承転結の原理原則。
明日のためにその5・・・かっこいい地図なんぞ価値はない
明日のためにその6・・・本当にチラシが正解か?
明日のためにその7・・・すっきりもいいけど、売れるチラシは語れ!
明日のためにその8・・・カラー印刷と1色印刷と2色印刷を使い分けろ!
明日のためにその9・・・紙の厚さは「必要か?不要か?」それのみ!

 

 

 

バカ売れチラシの作り方を
もっと学びたい方にお薦めします

誰も教えてくれなかったカ売れチラシの実技書

デザインや印刷は従来通りお付き合いのある印刷会社・広告会社をご利用になられたらいいのです。パソコンが出来る人は【ワード】や【イラストレータ】などのソフトで自分でチラシを作ってもいいのです。ご紹介するノウハウは、一般の方にわかりやすくまとめてあります。プロのためのノウハウではありません。【やり方】や【考え方】がわかればバカ売れチラシを自分で作ることも可能になります。

本体価格:2,500円
(消費税・送料・代引手数料別途)

本体価格:5,000円
(消費税・送料・代引手数料別途)
※CDタイプ・製本タイプともに同じ内容です。どちらでも使いやすい方を自由にお選び下さい。
Copyright(c)  株式会社インデクス   All Rights Reserved.