HOME
サイトマップ
会社概要
通信販売法表記
お問い合わせ
【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】【13】【14】【15】【16】【17】【最終回】
トルネコ館長が明かす「誰も教えてくれなかった」中小企業のための通販ノウハウ
●ビジュアル・・・@-----------------------------

 時期的にお歳暮関連のチラシをよく目にしますが、この年2回のギフトの時期にのみチラシを印刷されてプロモーションをされてる会社がありますが、ギフトのチラシは性格上カタログチックに作らざるおえません。 おまけにいきなり本品の購入を進めるわけですから、よほどのギフトの定番か有名デパートでない限り、ギフト時期での新客獲得はお薦めしません。

基本的に新客はギフト時期までに獲得しておいて、そして年2 回のギフトカタログでギフトの売上を作るというのが筋でしょ う。

プロモーションの種類によりビジュアルが変わるのは当然のことですので、ここではプロモーション別のビジュアルの作り方を説明します。

まず、新客獲得用のビジュアルですが、これはどの項目でも度々触れておりますので内容が重複するかもしれませんが、まず 何でアイキャッチするのか。 新聞の折込を考えてみてください。 毎日大量のチラシが折り込まれていますが、目に止まるチラシがどれくらいあるのでしょう。

今現在興味のあるものか、購入を迫られてるものか、あるいは主婦の方にはもっとも頻度の高い毎日のお買い物情報などは、当然目に止まる確立は高いでしょうが、まったく興味も購入予定も日々の生活に密着もしていないような商品で新聞読者の目 を捉えるとなると、それなりの工夫が必要です。

日用品や食材は、普通の主婦であれば最低でも週に2〜3度はスーパーに買い物に行かなければならないので、競合店より安 い!という販促がもっとも効果があるのでしょうが、買わなければ買わずに済む商品をどう売るか・・・

ここではダイエット商材を例にあげてみましょう。

まず、最初に触れたように何でアイキャッチするのかということですが、それは大きく分けてキャッチコピーか写真ですよね 。

「○○を飲んで簡単楽痩せ!」
「○○Kgが3日で−5Kg! 」
「まだ間に合う、即効ダイエット!」
「食べながら痩せる○ ○ダイエット!」

これらのコピーはみなさんがよく目にするダイエット食品のキャッチです。 なぜこんなに決り文句ようなコピーで興味が引けるのかというと、女性には限ってないのでしょうが、みなさんそれぞれ興味 のあるフレーズというものが違っていて、どのフレーズに、どの単語に、どの言葉にグッと心を掴まれるのか様々です。

しかし、まずは投網を投げて大きく体重を気にしている人を選別しなければならないので、短いフレーズでの極端なキャッチが必要になります。

基本的に、大きな字を読んだ人は次に中くらいの見出しに目が行きますので、さらにそこで興味をひかれ、最後は小さな字で書いてある体験談まで読むことになります。
そこまで読んだら、あとは妙に小さく書いてある価格を確認して、これなら無理がない判断したら、これまた妙に小さい社名と電話番号を探しだし、注文にいたる。

ということは、大きい字から小さい字までを読ませるテクニッ クで、決心をさせることができれば良いということです。


次のページへ

Copyright(c)  株式会社インデクス   All Rights Reserved.