HOME
サイトマップ
会社概要
通信販売法表記
お問い合わせ
【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】【13】【14】【15】【16】【17】【最終回】
トルネコ館長が明かす「誰も教えてくれなかった」中小企業のための通販ノウハウ
●2回目の購入-----------------------------

 タイトルそのままですが、なぜ2回目の購入に
注目しなければならないのか。

なぜでしょう? みなさんで考えてみてください・・・
1回目の購入というのは、いろんな初回購入を促す販促企画もあり、
値引きもあり、プレゼントもありで究極の衝動買いをしてしまいます。

しかし、1個目の商品を使用したら継続的に購入するかどうかは、
すでにその購入者の心の中では結論が出ています。

また健康食品を例にあげますと、1個目で何がしかの体感が
得られてなければ、なかなか次の購入につながらないということです。

もちろん、最初から健康食品は継続しないと効果がないということを、
良く理解して購入された方は数回の継続は見込めますが、
それでもやはり2個目の購入で離脱してしまう率が一番多 いのです。

2回目がなければ、当然3回目も4回目も永遠にこない訳です し、
一旦離脱した顧客が休眠客になってしまうと、
その後の掘 り起こしというのは本当に難しくなってきます。

ですから、なるべく休眠率を減らすためにも、
あるいは継続率の底上げを図るためにも2回目の購入率を
上げるということはたいへん重要なことなのです。

たいていの場合は2回目は定価購入になりますし、
初回のよう な販促はかけられません。

なぜなら、すでに初回のプロモーション費用の回収にはいってますから、
ここから利益をとっていかないと、その企業が考える
ライフタイムバリューが計算できなくなってしまうのです。

ですから、アウトバウンドテレマを実施している通販企業では 、
2回目の購入リストを担当するオペレーターに
もっとも優秀なオペレーターを貼り付けているところが多いはずです。


次のページへ

Copyright(c)  株式会社インデクス   All Rights Reserved.