HOME
サイトマップ
会社概要
通信販売法表記
お問い合わせ
HOME売上が伸びない理由 > 事例:1 > 事例:2 > 事例:3 > 事例:4

広告や集客がうまくいっていない理由■

当社で今までに作ってきたチラシ・広告の数は数万点。正直件数がわからないくらいたくさん作ってきました。

15年前の広告は、商品をわかりやすく伝えれば売れていました。10年前の広告は格好良くて、目立ったものを作れば売れていました。しかし5年くらい前からでしょうか、売れる広告の作り方が変わってきました。

デザインそのものはファッションと同じで、時代時代で変化するものですから変わって当たり前なんですが、根本的な考え方が変わり始めたのがここ数年です。それまでは、イメージ型広告(かっこよさや見栄え中心の広告)が
主流だったのですが、ここ最近は見栄えよりも実用的な広告を明確に打ち出した広告が集客・売上ともに伸びています。

最低限客観的に押さえておくべきポイント
・お店(会社)の場所 ・料理(商品)
・コンセプト ・キャンペーン内容
・利用方法 ・メニュー内容
・オーナーの顔 ・お客様の声

そんなの当たり前じゃないか!と言う方多いのではないでしょうか。でも、今一度自社の広告を見直ししてみてください。売れていない広告・チラシ・パンフレットが主観的な内容になってないですか?今の時代、主観的な広告になったらもう売れません。


地図はわかりやすさが命!(事例:1)

地図は商圏を無視したらイカン!(事例:2)
長いこと商売やってると陥る落とし穴(事例:3)
時代の変化「主観性」による落とし穴(事例:4)



 

バカ売れチラシの作り方を
もっと学びたい方にお薦めします

誰も教えてくれなかった
バカ売れチラシの実技書

デザインや印刷は従来通りお付き合いのある印刷会社・広告会社をご利用になられたらいいのです。パソコンが出来る人は【ワード】や【イラストレータ】などのソフトで自分でチラシを作ってもいいのです。ご紹介するノウハウは、一般の方にわかりやすくまとめてあります。プロのためのノウハウではありません。【やり方】や【考え方】がわかればバカ売れチラシを自分で作ることも可能になります。

本体価格:2,500円
(消費税・送料・代引手数料別途)

本体価格:5,000円
(消費税・送料・代引手数料別途)
※CDタイプ・製本タイプともに同じ内容です。どちらでも使いやすい方を自由にお選び下さい。
Copyright(c)  株式会社インデクス   All Rights Reserved.