HOME
サイトマップ
会社概要
通信販売法表記
お問い合わせ
HOMEどうして値段がバラバラなの?【1】【2】

皆さん、印刷物や広告物が出来る行程をご存じでしょうか?

実に多くの行程がありますね。「そんなん、当たり前じゃ!」と言われるかもしれませんが、あなたが依頼した会社がこの行程をすべて自社内で行っているとは限りませんつまり外注するということになります。

するとどうなるかというと、外注した作業には当然マージン(手数料)が加算されていきますから、その分値段が変わってくるということになりますね。

ちなみに、この行程を全て自社で行える会社は極めて少なく、ほとんどの会社は外注によって成り立っていると言えます。

機械や環境が全て整っているから安いというわけではないことも知っていてください。当然、設備投資に恐ろしいくらいの費用がかかっているわけですから、その回収のためには値段をある程度もらわないと印刷会社は潰れることになってしまいますからね。

 

◆会社の環境の違いによる価格差の例◆

A社:印刷機械はあるが、制作・デザイナーがいない。
→制作が外注だから、制作費にマージンがプラスされる。
 
B社:制作なし、印刷機械もなし。実はブローカー。
→すべてが外注だから、すべてにマージンがプラスされる。
 
C社:印刷機はあるけどA3までしか印刷できない。
→数が多い印刷物だと時間がかかるから高くなる。
 
D社:制作・デザイナーはいるけど印刷は全部外注。
→制作費は調整がきくけど、印刷費にはマージンがプラス。
 
E社:言われたものは作れるけど、企画なんかはできない。
→一見安いけど、効果があるものを作れない。

どの会社が正しいとか、間違いであるとかはありません。それは商売のやり方ですから。

皆さんに正しく選んでもらうためのポイントは「自分にとってこの会社を選ぶことが得なのか?」ということです。

 


 

バカ売れチラシの作り方を
もっと学びたい方にお薦めします

誰も教えてくれなかったカ売れチラシの実技書

デザインや印刷は従来通りお付き合いのある印刷会社・広告会社をご利用になられたらいいのです。パソコンが出来る人は【ワード】や【イラストレータ】などのソフトで自分でチラシを作ってもいいのです。ご紹介するノウハウは、一般の方にわかりやすくまとめてあります。プロのためのノウハウではありません。【やり方】や【考え方】がわかればバカ売れチラシを自分で作ることも可能になります。

本体価格:2,500円
(消費税・送料・代引手数料別途)

本体価格:5,000円
(消費税・送料・代引手数料別途)
※CDタイプ・製本タイプともに同じ内容です。どちらでも使いやすい方を自由にお選び下さい。
Copyright(c)  株式会社インデクス   All Rights Reserved.